果実酒

果実酒

自家製 八朔(ハッサク)酒の作り方と保存方法

八朔(ハッサク)は日本を原産とするミカン科の柑橘類 で広島県、和歌山県、徳島県などで栽培されています。 やや苦みと酸味があり生食としては中袋も剥いでから 食べられています。
果実酒

自家製 日向夏酒の作り方と保存方法

日向夏(ヒュウガナツ)は、日本の宮崎県を原産とする柑 橘類の一つでミカン科ミカン属の常緑低木になる果実で小 とも呼ばれています。 オレンジよりも小ぶりで酸味があり甘皮を残して剥き生食 されるほかジュースやジャムなどにも利用されています。
果実酒

自家製 柿酒の作り方と保存方法

柿は東アジアを原産とするカキノキ科の落葉樹になる木の実 で日本でもほぼ全国で栽培されており特に和歌山県や奈良県 が生産量が高いことで知られています。 柿には渋柿と甘柿があり渋柿でつくる干し柿は冬の風物詩で もあります。
果実酒

自家製 伊予柑酒の作り方と保存方法

伊予柑(イヨカン)は、日本原産の柑橘類の一つで主に 愛媛県で生産されています。 甘く香りもよく甘くジューシーで生食されるほかジュー スやジャムなどにも利用されています。
果実酒

自家製 金柑酒の作り方と保存方法

金柑(キンカン)は、中国を原産とするミカン科キンカン属 の常緑低木になる果実です。 果実はそのままでは酸味が強くジャムや甘露煮などに利用さ れています。 金柑にはレモンに匹敵する豊富なビタミンCが含まれ古くか ら疲労回復やのどに効く民間薬として重宝されてきました。
果実酒

自家製 柚子酒の作り方と保存方法

柚子は中国を原産とするミカン属の常緑小高木になる果実 です。 日本では高知県の柚子が有名で全国に出荷されています。 独特の芳香が好まれ料理に使われるほか、体を温める作用が あるとして冬至には湯船に浮かべる習慣が広く伝えられてい ます。
果実酒

自家製 みかん酒の作り方と保存方法

みかん(温州蜜柑)は、ミカン科の常緑低木になる果実で 9月~10月に収穫されます。 日本では古くから冬の果物として親しまれており和歌山県 や愛媛県などが産地としてよく知られています。 みかんにはビタミンCやβ―カロテンが豊富に含まれてい るため免疫力高める効果があり風邪予防や疲労回復に役立 ちます。
果実酒

自家製 レッドカラント酒の作り方と保存方法

レッドカラントはヨーロッパを原産とするスグリ科の植物で 赤スグリとも呼ばれます。 実には鮮やかな艶がありジャムやゼリー、果実酒などに利用 されます。
果実酒

自家製 ブラッドオレンジ 酒の作り方と保存方法

ブラッドオレンジは、オレンジの一種で、赤い果肉が 特徴でいくつか品種があります。 ブラッドオレンジの赤い色の成分はアントシアニンによ るものです。
果実酒

自家製 スイカ酒の作り方と保存方法

スイカ(西瓜)は、熱帯アフリカのサバンナ地方を原産と するウリ科つる性の一年草になる果実です。 古くから日本に伝わり夏に欠かせない果物として親しまれ てきました。 実が大きくて一度割ると日持ちがしないためジュースやゼ リー、ジャム、リキュールなどさまざまに加工され利用さ れています。
タイトルとURLをコピーしました