ヤマモモジャムの作り方と保存方法

ジャム
Pocket

四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。
これらの果物をジャムにすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。
素材だけで手作りしたジャムは安心して食べられます。
コツをつかめば簡単にさまざまな果物をジャムにすることができます。
是非あなただけのジャムをつくってみませんか?

 

  ヤマモモジャムの作り方

 

材料
ヤマモモ     500g
砂糖       200g
レモン汁     大匙1

作り方
 1 
ヤマモモは埃を取り除き2~3回よく水洗いしザルにあげ
ます。

 2 
鍋にヤマモモを入れひたひたの水を入れて火にかけます。

 3 
ヤマモモが柔らかくなったらザルで濾します。
へらなどで実をつぶし取り除きます。

 4 
種を取り除いた実と濾した果汁と砂糖を入れ火にかけま
す。

 5 
沸いたら火を弱めアクをとり煮詰めていきます。

 6 
ほどよいとろみがついたら火からおろし煮沸消毒済の瓶
に詰めます。

 7 
逆さにして密封し冷めたら冷蔵庫で保存します。

 

◆ジャムは冷めると固くなる傾向があります。
ややまだ柔らかいかなと思うくらいで火を止めましょう。

 

スポンサードリンク




 

  ヤマモモの主な有効成分と効果・効能

マモモ(山桃)は、中国、日本を原産とするヤマモモ科
ヤマモモ属の常緑樹になる果実です。
日本では関東や本州、四国などに自生します。
果実は酸味があり生食されるほかジャムや果実酒、などに
も利用されています。

ヤマモモには疲労回復効果のあるクエン酸や目の健康や老
化防止に役立つ抗酸化作用のあるアントシアニンが豊富に
含まれています。
その他ビタミンB群も豊富で小さな粒に栄養価が詰まって
います。

 

  ジャムの保存方法

◆保存料などを使わないため衛生管理はとても大切です。
保存期間や保存の仕方に注意し瓶は必ず煮沸消毒したものを
使用しましょう。

 煮沸消毒 

用意するもの
・保存瓶
・瓶が余裕で入る大きさの鍋
・トングや菜箸など
・耐熱用手袋
・キッチンペーパー

 1 
保存瓶とふたはきれいに洗っておきます。

 2 
鍋に瓶を入れすっぽり浸かるくらいの水を入れて沸かします。

 3 
沸騰したら沸騰を続ける程度にやや火を弱めて5分くらいぐら
ぐらと沸かします。
(※沸かしても大丈夫な耐熱の蓋と瓶を使用しましょう)

 4 
清潔なペーパーなどの上にさかさまにして並べ自然乾燥
させます。

 

 中味の詰め方 
本体に詰める場合は90%を目安にししばらく逆さにしておき
ます。
長期保存する場合はさらに空気抜きや殺菌が必要になります
のでできれば冷蔵庫で2~3か月を目安に使い切りましょう。
スプーンなどから雑菌が付かないよう気を付けましょう。

 


 

こちらの記事もおすすめ

ハーブティー「レモンバームティー」の効果・効能
レモンバーム(Lemon balm)は、南ヨーロッパ原産のシソ科の多年草です。メリッサとも呼ばれ日本ではセイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷)と呼ばれています。レモンに似た香りでハーブとして利用されるほか料理の香り付けなどにも使われています。古く
健康茶「鉄観音(てっかんのん)茶」の効果効能
鉄観音茶(てっかのんちゃ)は中国十大銘茶のひとつで独特の香りがありポリフェノールが豊富でダイエットやアンチエイジングなどの効能があるということで知られています。  鉄観音茶の主な有効成分・ポリフェノール・テアニン・ビタミン類・ミネラル  鉄
りゅうきゅうの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の野菜をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の野菜が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の野菜が一番安価で
ブラックベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
  旬の果物をたっぷり食べよう四季がはっきりしている日本では、さまざまな旬の果物が季節ごとに容易に手に入ります。最近では栽培方法も進化し、一年中食べられるものも増え、旬がわかりにくくなってきた感もあります。しかし、やはり旬の果物が一番安価で
おいしくて簡単「蕪」の昆布漬けを作ってみよう!!
日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。材料
ドライ胡桃の作り方ともどし方
四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の野菜や果物が楽しめます。これらの植物を乾燥させることによっていつでも食べられるようにするため、古くからさまざまな干し野菜やドライフルーツの作り方が伝えられてきました。野菜や果物には乾燥することによ

 

スポンサードリンク




Pocket

タイトルとURLをコピーしました