ヤマボウシジャムの作り方と保存方法

ジャム
Pocket

四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。
これらの果物をジャムにすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。
素材だけで手作りしたジャムは安心して食べられます。
コツをつかめば簡単にさまざまな果物をジャムにすることができます。
是非あなただけのジャムをつくってみませんか?

ヤマボウシとは

ヤマボウシはミズキ科の落葉高木になる実です。
日本では東北地方から九州まで幅広く分布し山地や野山で普通に見られます。
夏に花が咲き、果実がなるのは秋でオレンジ色の柔らかい果肉は甘くてマンゴーのような甘さとシャリシャリ感があります。

 

ヤマボウシジャムの作り方

材料
ヤマボウシの実 600g
グラニュー糖 200g
レモン汁 大さじ1

作り方
 1 
ヤマボウシの実を綺麗に洗い表面のイボを取り除きます。

 2 
ヤマボウシの水分をキッチンペーパーなどできれいにふき取ります。

 3 
鍋にヤマボウシと砂糖を入れ混ぜ合わせてからしばらく放置します。

 4 
水分が出てきたら鍋に入れつぶしながら混ぜ合わせ火からおろします。

 5 
粗熱が取れたら一度濾すかミキサーで攪拌してから鍋に戻します。

 6 
レモン汁を入れ焦がさないように煮詰めます。

 7 
煮沸消毒済の清潔な瓶に詰め冷めたら冷蔵庫で保存します。

◆ジャムは冷めると固くなる傾向があります。
ややまだ柔らかいかなと思うくらいで火を止めましょう。

 

スポンサードリンク




 

ヤマボウシの主な有効成分と効果・効能

マボウシの実にはβ―カロテンやアントシアニンが豊富に含まれており目の疲れを防止したり疲労回復効果や滋養強壮効果が期待されます。
またアントシアニンには抗酸化作用もあり老化予防などの効能もあると言われています。

※注意
同じミズキ科のハナミズキ(別名アメリカンヤマボウシ)
はヤマボウシとよく似ていますがハナミズキには毒性があり食べられませんので気をつけましょう。

 

ジャムの保存方法

◆保存料などを使わないため衛生管理はとても大切です。
保存期間や保存の仕方に注意し瓶は必ず煮沸消毒したものを使用しましょう。

煮沸消毒 

用意するもの
・保存瓶
・瓶が余裕で入る大きさの鍋
・トングや菜箸など
・耐熱用手袋
・キッチンペーパー
 1 
保存瓶とふたはきれいに洗っておきます。

 2 
鍋に瓶を入れすっぽり浸かるくらいの水を入れて沸かします。

 3 
沸騰したら沸騰を続ける程度にやや火を弱めて5分くらいぐらぐらと沸かします。
(※沸かしても大丈夫な耐熱の蓋と瓶を使用しましょう)

 4 
清潔なペーパーなどの上にさかさまにして並べ自然乾燥させます。

 

中味の詰め方

本体に詰める場合は90%を目安にししばらく逆さにしておきます。
長期保存する場合はさらに空気抜きや殺菌が必要になりますのでできれば冷蔵庫で2~3か月を目安に使い切りましょう。
スプーンなどから雑菌が付かないよう気を付けましょう。

 

 


こちらの記事もおすすめ

ハーブティー「レモンピールティー」の効果・効能
レモンピールとはレモンピール(Lemon peel)は、インド北東部ヒマラヤ山系を原産とするミカン科 ミカン属の常緑低木です。和名は「レモン(檸檬)」と呼ばれています。爽快な香りがと味が特徴でティーの他にも料理の香りつけなどに幅広く使われて
健康茶「ヤマモモの葉茶」の効果・効能
ヤマモモの葉茶に用いるヤマモモは中国原産の、ヤマモモ科の常緑樹で3~4月に小さな花を咲かせ初夏に濃い赤色の果実をつけます。 中国名は楊梅ですが、山に生え果実がモモににていることから、日本ではヤマモモと呼ばれています。
芹の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
芹は田んぼのあぜ道や水辺などの湿地帯に自生する日本原産の セリ科の多年草です。 春の七草の一つとして広く知られ独特の香りが好まれま す。 田のあぜなど湿地に自生しますが、野菜として栽培もされています。 独特の香りが好まれます。
梅の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
梅は、中国原産のバラ科サクラ属の落葉高木で、その果実 が食用になります。 青いものは毒性があり、生食はされず梅干しや果樹酒などに 加工されます。
おいしくて簡単「ふきのとう」の佃煮を作ってみよう!!
キク科フキ属の多年草、蕗の若い花茎をふきのとう(蕗の薹) と呼び春を呼ぶ山菜として知られています。 山野に香りと独特のほろ苦さが好まれます。
山クラゲの干し方ともどし方
茎くらげとはステムレタスを乾燥させたものを言います。 ステムレタス (stem lettuce) は中国を原産とするキク科ア キノノゲシ属の野菜で茎レタスとも呼ばれています。 乾燥させた山クラゲはコリコリとした食感が好まれナムルや煮物などに利用されます。

 

スポンサードリンク



Pocket

タイトルとURLをコピーしました