イタドリジャムの作り方と保存方法

ジャム

四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。
これらの果物をジャムにすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。
素材だけで手作りしたジャムは安心して食べられます。
コツをつかめば簡単にさまざまな果物をジャムにすることができます。
是非あなただけのジャムをつくってみませんか?

  イタドリジャムの作り方

材料
イタドリ      500g
砂糖        200g
レモン汁      大匙2

作り方
 1 
イタドリは皮をはぎ細かく輪切りにします。

 2 
鍋にお湯を沸かしイタドリを入れ茹でてあげます。

 3 
鍋にイタドリ、砂糖、レモン汁を入れ暫くおきます。

 4 
水分が出てきたら火にかけます。

 5 
沸いたら火を弱めアクをとりながら焦がさないよう木べら
で混ぜて煮詰めます。

 6 
ほどよいとろみがついたら火からおろし煮沸消毒済の瓶に
詰め冷めたら冷蔵庫で保存します。

 

◆ジャムは冷めると固くなる傾向があります。
ややまだ柔らかいかなと思うくらいで火を止めましょう。

 

スポンサードリンク




  イタドリの主な有効成分と効果・効能 

タドリ(虎杖)は、タデ科の多年生植物で地域によって
スカンポやスイバなどと呼ばれています。
高知県では新芽を摘み取り山菜として煮物や炒め物として
食べられています。

イタドリには「痛みをとる」効能などがあるとされ古くか
ら漢方薬としても利用されてきました
イタドリにはポリフェノールの成分レスベラトロールが含
まれて織います。
レスベラトロールには細胞の生まれ変わりターンオーバー
を正常化する効果があると言われています。

  ジャムの保存方法 

◆保存料などを使わないため衛生管理はとても大切です。
保存期間や保存の仕方に注意し瓶は必ず煮沸消毒したものを
使用しましょう。

 煮沸消毒 

用意するもの
・保存瓶
・瓶が余裕で入る大きさの鍋
・トングや菜箸など
・耐熱用手袋
・キッチンペーパー

 1 
保存瓶とふたはきれいに洗っておきます。

 2 
鍋に瓶を入れすっぽり浸かるくらいの水を入れて沸かします。

 3 
沸騰したら沸騰を続ける程度にやや火を弱めて5分くらいぐら
ぐらと沸かします。
(※沸かしても大丈夫な耐熱の蓋と瓶を使用しましょう)

 4 
清潔なペーパーなどの上にさかさまにして並べ自然乾燥
させます。

 中味の詰め方 
本体に詰める場合は90%を目安にししばらく逆さにしておき
ます。
長期保存する場合はさらに空気抜きや殺菌が必要になります
のでできれば冷蔵庫で2~3か月を目安に使い切りましょう。
スプーンなどから雑菌が付かないよう気を付けましょう。

 


 

こちらの記事もおすすめ

ハーブティー「レモンバームティー」の効果・効能
レモンバーム(Lemon balm)は、南ヨーロッパ原産のシソ科の多年草です。メリッサとも呼ばれ日本ではセイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷)と呼ばれています。レモンに似た香りでハーブとして利用されるほか料理の香り付けなどにも使われています。古く
健康茶「鉄観音(てっかんのん)茶」の効果効能
鉄観音茶(てっかのんちゃ)は中国十大銘茶のひとつで独特の香りがありポリフェノールが豊富でダイエットやアンチエイジングなどの効能があるということで知られています。
りゅうきゅうの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
りゅうきゅうにはカリウムが豊富に含まれており体内の余分なナトリウムを排出してくれる働きがあり高血圧の予防につながります。また食物繊維も多く含まれており便秘解消などの効果も期待されます。
ブラックベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ブラックベリーに含まれる色素成分のアントシアニンはポリフェノールの一種で強い抗酸化作用があります。ブラックベリーの抗酸化力は他のベリー類の中でも豊富に含まれていると言われています。老化を防止するアンチエイジング効果や目の健康にも優れた効能が
https://hoshi-yasai.com/pickles/kabura-konbu-dzuke
ドライ胡桃の作り方ともどし方
胡桃にはビタミンやミネラルが豊富に含まれ栄養価の高いことで知られています。胡桃は中味のカビの繁殖を防ぐため乾燥させて保管します。

 

スポンサードリンク




タイトルとURLをコピーしました