豆乳ジャムの作り方と保存方法

ジャム

四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を手に入れることができます。
これらの果物をジャムにすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。
素材だけで手作りしたジャムは安心して食べられます。
コツをつかめば簡単にさまざまな果物をジャムにすることができます。
是非あなただけのジャムをつくってみませんか?

 

  豆乳ジャムの作り方

材料
調整豆乳    500㏄
砂糖      200g

作り方

 1 
底の広い鍋かフライパンに豆乳と砂糖を入れ火にかけ
ます。

 2  
ふつふつしてきたら中火にしてひたすら木べらで焦が
さないように混ぜながら煮詰めていきます。

 3 
なべ底にへらを惹きすじができるようになるまで根気
よく煮詰めます。

 4 
ほど良いとろみがついたら火からおろし煮沸消毒済の
瓶に詰め冷めたら冷蔵庫で保存します。

※豆乳と砂糖のみですので時間がかかりますができあ
がったジャムはヌガーのようななんともほっこりやさ
しい味に仕上がります。


◆ジャムは冷めると固くなる傾向があります。
ややまだ柔らかいかなと思うくらいで火を止めましょう。

 

スポンサードリンク




 

  豆乳の主な有効成分と効果・効能

(とうにゅう)とは、水に浸した大豆をすりつぶし
煮つめた汁を濾過した飲料で大豆特有の味がします。

皮膚や血液や筋肉など体の細胞をつくる成分としてタン
パク質は不可欠ですが豆乳には良質のたんぱく質と脂質
が豊富に含まれています。
そのほか骨粗しょう症などを予防する大豆イソフラボンや
抗酸化作用のあるサポニン、腸内環境を整えるオリゴ糖、
認知症予防などを緩和するレシチンなどの栄養素も含まれ
ています。
さらに豆乳はカロリーも低くダイエットが気になる方にも
おすすめです。

 

  ジャムの保存方法 

◆保存料などを使わないため衛生管理はとても大切です。
保存期間や保存の仕方に注意し瓶は必ず煮沸消毒したものを
使用しましょう。

 煮沸消毒 

用意するもの
・保存瓶
・瓶が余裕で入る大きさの鍋
・トングや菜箸など
・耐熱用手袋
・キッチンペーパー

 1 
保存瓶とふたはきれいに洗っておきます。

 2 
鍋に瓶を入れすっぽり浸かるくらいの水を入れて沸かします。

 3 
沸騰したら沸騰を続ける程度にやや火を弱めて5分くらいぐら
ぐらと沸かします。
(※沸かしても大丈夫な耐熱の蓋と瓶を使用しましょう)

 4 
清潔なペーパーなどの上にさかさまにして並べ自然乾燥
させます。

 

 中味の詰め方 
本体に詰める場合は90%を目安にししばらく逆さにしておき
ます。
長期保存する場合はさらに空気抜きや殺菌が必要になります
のでできれば冷蔵庫で2~3か月を目安に使い切りましょう。
スプーンなどから雑菌が付かないよう気を付けましょう。

 


 

こちらの記事もおすすめ

ハーブティー「スペアミントティー」の効果・効能
スペアミント(spearmint)はヨーロッパを原産とするシソ科の多年です。和名はミドリハッカ(緑薄荷)オランダハッカ(オランダ薄荷)チリメンハッカ(チリメン薄荷)などと呼ばれており夏から秋にかけ白い花を咲かせます。独特の芳香があり古くから
健康茶「冬瓜(トウガン)茶」の効果・効能 | 健康習慣
冬瓜茶に使用する冬瓜(トウガン)はウリ科の一年草で 果皮はかんぴょうに加工されることで知られています。 乾燥させた種子は生薬として使用されています。
パクチー(香菜)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
香菜(シラントロ)に含まれるβカロテンやケルセチンには抗酸化作用があり老化を予防するアンチエイジング効果が期待されます。
柿の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
柿に含まれるビタミンCには強い抗酸化作用があり体の酸化を防ぐ働きによって老化や免疫力の向上や老化を予防するアンチエイジング効果が期待されます。さらにビタミンCにはコラーゲンの生成やしみや、そばかすなど肌トラブルの原因となるメラミン色素を無色
おいしくて簡単「乾燥きびなご」のたまり漬けを作ってみよう!!
日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。材料

 

スポンサードリンク




タイトルとURLをコピーしました