自家製 りんご酒の作り方と保存方法

果実酒

四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を
手に入れることができます。
これらの果物を果樹酒にすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。
素材だけで手作りしたジャムは安心していただくことができます。
コツをつかめば簡単にさまざまな果物の果樹酒を手作りすることができます。
是非あなただけの果実酒をつくってみませんか?

 

  りんご酒の作り方

材料
リンゴ     400g
レモン            2コ
氷砂糖            300g
ホワイトリカー(35度)   1000ml

作り方

 1 
林檎はできれば無農薬のものを選びよく洗ってくし切
りにし芯をとりのぞきます。

 2 
レモンは厚く剥き輪切り、またはくし切りにします。

 3 
アルコール消毒済の瓶にリンゴ、レモンを入れホワイト
リカーを注ぎます。

 4 
日の当たらない涼しい場所に置き保存します。

 5 
3か月くらいからに飲み頃です。

果実酒のポイント
〇瓶は広口のものを用意する。
〇水分は厳禁。キッチンペーパーなどできれいにふき取る。
〇レモンを入れる場合は白い皮の部分に苦みがあるため
厚めに剥いて取り除く。
〇冷暗所に保存する。
〇ホワイトリカーは35度以上のものを利用する。

 

スポンサードリンク




 

  りんごの主な有効成分と効果・効能

んご(林檎)は、バラ科リンゴ属の落葉高木樹になる果実で
「1日1個のりんごは医者いらず」という諺があるほど栄養価の
高い果物で知られています。
甘酸っぱい食感で生食はもちろん、ジュースやお菓子の材料、
ジャム、リキュールなどさまざまに加工されています。

りんごには体内の酸化をおさえるポリフェノールの成分である
りんご酸や、整腸作用のあるペクチン、美肌、美白や風邪の予
防などに効果があるビタミンCのほか人が健康に生きていくた
めに必要なミネラルなど豊富な栄養素が含まれています。

 

  果樹酒の保存方法

 

瓶の消毒

用意するもの
・焼酎    35度以上
・清潔な布巾

 1 
瓶は洗剤できれいにあらって乾かします。

 2 
瓶の中に少量の焼酎を入れて、瓶を傾けながらまわして
全体に行きわたるようにします。

 3 
焼酎を捨てます

 4 
清潔な布巾の上に瓶をふせて置き、完全に乾燥させます。

※焼酎は35度以上のものを使用します。
保存料などを一切使わないため果実酒を入れる容器の衛生
管理はとても大切です。
保存期間や保存の仕方に注意し瓶は必ず消毒したものを
使用しましょう。
煮沸消毒がいちばんおすすめですが瓶が大きすぎてがむ
ずかしい場合はアルコール消毒をします。

 


 

こちらの記事もおすすめ

ハーブティー「レモンバームティー」の効果・効能
レモンバーム(Lemon balm)は、南ヨーロッパ原産のシソ科の多年草です。メリッサとも呼ばれ日本ではセイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷)と呼ばれています。レモンに似た香りでハーブとして利用されるほか料理の香り付けなどにも使われています。古く
健康茶「鉄観音(てっかんのん)茶」の効果効能 | 健康習慣
鉄観音茶(てっかのんちゃ)は中国十大銘茶のひとつで 独特の香りがありポリフェノールが豊富でダイエットや アンチエイジングなどの効能があるということで知られ ています。
りゅうきゅうの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
りゅうきゅうにはカリウムが豊富に含まれており体内の余分なナトリウムを排出してくれる働きがあり高血圧の予防につながります。また食物繊維も多く含まれており便秘解消などの効果も期待されます。
ブラックベリーの効果・効能・レシピ・選び方・保存法
ブラックベリーに含まれる色素成分のアントシアニンはポリフェノールの一種で強い抗酸化作用があります。ブラックベリーの抗酸化力は他のベリー類の中でも豊富に含まれていると言われています。老化を防止するアンチエイジング効果や目の健康にも優れた効能が
おいしくて簡単「蕪」の昆布漬けを作ってみよう!!
蕪にはβ―カロテンが含まれており、老化予防や生活習慣病の予防、目や髪の健康などを護る働きが期待されます。またビタミンCも豊富に含まれており免疫効果を高めてくれます。
ドライ胡桃の作り方ともどし方
胡桃にはビタミンやミネラルが豊富に含まれ栄養価の高いことで知られています。胡桃は中味のカビの繁殖を防ぐため乾燥させて保管します。

 

スポンサードリンク



 


タイトルとURLをコピーしました