自家製 いちご酒の作り方と保存方法

ジャム

四季がはっきりしている日本では季節ごとに旬の果物を
手に入れることができます。
これらの果物を果樹酒にすることによってまた違った楽しみ方が味わえます。
素材だけで手作りしたジャムは安心していただくことができます。
コツをつかめば簡単にさまざまな果物の果樹酒を手作りすることができます。
是非あなただけの果実酒をつくってみませんか?

 

  いちご酒の作り方

材料
いちご 300g
氷砂糖 65g
ホワイトリカー(35度)  500ml
レモン        1コ

作り方
 1 
イチゴはヘタを取り洗ってざるにあげキッチンペーパ
などで水けを丁寧にふき取ります。

 2 
レモンは厚めに皮をむき輪切りにし種があれば取り除
きます。

 3 
清潔な瓶にいちご、レモンを入れホワイトリカーを注
ぎます。

 4 
直射日光に当たらない場所に保存し最初のうちは時折
瓶を大きく振ります。

 5 
1か月経過したらいちごとレモンをとりのぞきます。

 6 
3か月ごろから飲み頃です。

果実酒のポイント
〇瓶は広口のものを用意する。
〇水分は厳禁。キッチンペーパーなどできれいにふき取る。
〇レモンを入れる場合は白い皮の部分に苦みがあるため
厚めに剥いて取り除く。
〇冷暗所に保存する。
〇ホワイトリカーは35度以上のものを利用する。

スポンサードリンク




 

  いちごの主な有効成分と効果・効能

ちご(苺)はバラ科の多年草で歴史は古く、世界中で
栽培されています。

独特の甘みがあり見た目にも鮮やかで生食はもちろん、
ケーキの飾りつけや苺大福などの和菓子や、イチゴミルク
ジャム、ジュースなどさまざまな料理に利用されています。
いちごには美肌・美白効果や免疫力向上に役立つビタミン
Cのほか、歯の健康や骨粗鬆用の予防に役立つキシリトール
が豊富に含まれているのが特徴です。

 

  果樹酒の保存方法

 

 瓶の消毒  

用意するもの
・焼酎    35度以上
・清潔な布巾

 1 
瓶は洗剤できれいにあらって乾かします。

 2 
瓶の中に少量の焼酎を入れて、瓶を傾けながらまわして
全体に行きわたるようにします。

 3 
焼酎を捨てます

 4 
清潔な布巾の上に瓶をふせて置き、完全に乾燥させます。

※焼酎は35度以上のものを使用します。
保存料などを一切使わないため果実酒を入れる容器の衛生
管理はとても大切です。
保存期間や保存の仕方に注意し瓶は必ず消毒したものを
使用しましょう。
煮沸消毒がいちばんおすすめですが瓶が大きすぎてがむ
ずかしい場合はアルコール消毒をします。

 


 

こちらの記事もおすすめ

ハーブティー「スペアミントティー」の効果・効能
スペアミント(spearmint)はヨーロッパを原産とするシソ科の多年です。和名はミドリハッカ(緑薄荷)オランダハッカ(オランダ薄荷)チリメンハッカ(チリメン薄荷)などと呼ばれており夏から秋にかけ白い花を咲かせます。独特の芳香があり古くから
健康茶「冬瓜(トウガン)茶」の効果・効能 | 健康習慣
冬瓜茶に使用する冬瓜(トウガン)はウリ科の一年草で 果皮はかんぴょうに加工されることで知られています。 乾燥させた種子は生薬として使用されています。
パクチー(香菜)の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
香菜(シラントロ)に含まれるβカロテンやケルセチンには抗酸化作用があり老化を予防するアンチエイジング効果が期待されます。
柿の効果・効能・レシピ・選び方・保存法
柿に含まれるビタミンCには強い抗酸化作用があり体の酸化を防ぐ働きによって老化や免疫力の向上や老化を予防するアンチエイジング効果が期待されます。さらにビタミンCにはコラーゲンの生成やしみや、そばかすなど肌トラブルの原因となるメラミン色素を無色
おいしくて簡単「乾燥きびなご」のたまり漬けを作ってみよう!!
日本人の和食には、欠かすことのできないお漬物。ありとあらゆるお漬物が店頭に並んでおり、簡単に手に入れることができますがやはり家庭で作る手作りの漬物は安全で格別です。日本は四季がはっきりしているため季節ごとに旬の野菜や果物が手に入ります。材料

 

スポンサードリンク




タイトルとURLをコピーしました